COVID-19対策について

フォローアップ研修

車椅子整備の基礎は、本講座内容の修得でカバーできるとはいうものの、新しい機構や劣化状態への対応に関する知識や技術がなければ、対応が難しい場合もあります。

車いす安全整備士が、車椅子メンテナンスのプロとして、実務を行っていくためには、個人スキルの向上が必須とは言うものの、内容や手順の検証を個人で行うには限界があるでしょう。そういった方々のために、車いす安全整備士有資格者限定のフォローアップ研修を新設いたしました。

開催詳細

日時:未定

場所:一般社団法人日本福祉用具評価センター 2階研修室

持物:工具(車いす安全整備士養成講座に基づく)

内容:

  1. 工業製品の基礎知識
    • トルクの理解
    • 緩み止めナット
  2. 構造へのアプローチ(既存知識・技術のレベルアップ)
    • 供回り=異なるクロスフレーム
    • 制動用ブレーキレバー固定金具(ダブルナット構造)
    • 平行押さえつけ式に対する留意点
    • ノーパンクタイヤ
    • 小車輪など、バルブのアダプター
    • 穴調整の留意点
  3. マイナーチェンジ(新機構含む)への対応
    • 製造工程変更による製品への影響(粉体塗装)
    • ベアリング式キャスタハウジングの注意点
    • ウェッジ貫通式以外のフットサポート
  4. 未洗浄未整備機体へのアプローチ(演習)

Internet Explorerは非対応となります。別のブラウザをご利用ください。

申し込み

    申込者氏名必須
    フリガナ必須
    資格登録番号必須
    電話番号必須
    メールアドレス必須