講座案内

車いす安全整備士養成講座とは

製品に対する「安全・安心」は当たり前のことであり、福祉用具にも品質に対する高い要求が求められています。

福祉用具における「安全・安心」への取り組みとして、流通する前段階としてはJISマーク表示制度における工学的な規格に基づいた製品試験、使い勝手の観点による臨床評価などが挙げられます。しかし、それだけでは十分とは言えません。やはり、福祉用具が流通した後のアフターフォロー(供給事業者サイドから言うとアフターサービス)も安全な消費生活を維持していくためには必要不可欠です。

効果的なアフターフォローを行うためには、様々な知識や技術が必要です。その中でも、「安心・安全」という点に着目した場合、重要なのは正しい知識・技術に基づいたメンテナンスです。例えば介護保険制度の場合、その任にあたるのは、福祉用具専門相談員ですが、残念ながらメンテナンスに関する正しい知識・技術を持ち合わせない場合もあると聞きます。

こうした状況を改善するため、車いす安全整備士実行委員会主要メンバーである、国内車椅子流通主要製造者、(一社)日本福祉用具・生活支援用具協会、(一社)日本車椅子シーティング協会と検討を重ね、作り上げた標準形手動車椅子の整備に関するカリキュラムを活用し、車いす安全整備士実行委員会による委員会開催によって、車椅子の整備を安全に行える人材を育成、有資格者の認定をしております。

年間開催日程

【要確認】年間開催日程の変更について

新型コロナウイルスの影響により、予定していた大規模開催を全て中止とし、改めて、感染予防対策を強化したうえでの小規模開催を実施いたします。
変更後の開催日程は以下のとおりです。

2020年

  • 7月15日(水)~16日(木)
  • 8月22日(土)~23日(日)
  • 9月9日(水)~10日(木)
  • 9月26日(土)~27日(日)
  • 10月3日(土)~4日(日)※中止
  • 10月14日(水)~15日(木)※中止
  • 10月24日(土)~25日(日)
  • 11月7日(土)~8日(日)
  • 11月14日(土)~15日(日)
  • 11月25日(水)~26日(木)
  • 11月28日(土)~29日(日)
  • 12月5日(土)~6日(日)
  • 12月16日(水)~17日(木)

2021年

  • 1月13日(水)~14日(木)
  • 1月23日(土)~24日(日)
  • 2月3日(水)~4日(木)
  • 2月13日(土)~14日(日)
  • 2月20日(土)~21日(日)
  • 3月3日(水)~4日(木)
  • 3月13日(土)~14日(日)
  • 3月24日(水)~25日(木)

会場は全て一般社団法人日本福祉用具評価センター(兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-5)となります。
また、定員は12名となりますが、受講希望者が開催の30日前までに最低定員(6名)に達しなかった場合は、中止とさせていただきますので、あらかじめご承知おきください。

【2020年8月5日更新】

会場

株式会社ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター(兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-5)

主な駅からの所要時間

新神戸駅→三宮駅

市営地下鉄(約10分)

三宮駅→京コンピュータ前駅

ポートライナー(約14分)※神戸空港行又は京コンピュータ前駅行にご乗車ください。

神戸空港駅→京コンピュータ前駅

ポートライナー(約4分)

※「京コンピュータ前駅」下車後、東へ徒歩2分

車でお越しの場合

姫路、大阪方面とも阪神高速3号線神戸線「生田川出口」から、ポートアイランド方面へ(約15分)
※無料駐車場(全98台)がございます。

受講資格

車椅子整備に興味・関心のある方であればどなたでもご受講いただけます。

  • 視力が弱いため前の席を希望される場合、車椅子利用者が受講される場合等、身体状況により実技講習受講に配慮が必要な方は、必ず事前にご相談ください。
  • 工具の使用に不慣れな方は今までの実績上、合格の可能性が低いため、充分な事前練習が必要です。

定員

12名(開催可能最低人数:6名)

※2020年度は新型コロナウイルスの感染対策として、60名規模の開催を実施いたしません。

講座内容

1日目

9:00~9:10 開校式
9:10~10:15 [座学] 手動車椅子の規格
10:20~12:00 [座学] 手動車椅子の機能
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 [座学] メンテナンス基礎知識と車椅子の整備概論
14:45~18:20 [実技] 車椅子の分解・組立

2日目

9:00~10:00 [実技] 車椅子の組立
10:00~12:05 [実技] 車椅子の点検・調整
12:05~13:00 昼休み
13:00~13:50 自習
13:50~14:25 筆記試験
14:35~16:00 実技試験
16:10~16:35 自己採点(筆記)
16:35~17:00 閉校式

※上記内容は一例です。会場によって異なりますので、必ず各開催詳細ページのスケジュールをご確認ください。

※2020年度は感染対策として、手洗い及び手指消毒を一定時間ごとに追加するため、多少のズレ込みが生じます。ご留意ください。

受講料

  • 新規受講 39,000円(テキスト代含)
  • 再受講と再試験
    • 全講習と試験 26,000円
    • 実技講習と試験 21,000円
    • 座学講習と試験 16,000円
  • 再試験のみ 11,000円

その他、車椅子レンタル、工具販売等もございます。詳しくは各開催詳細ページをご覧ください。

持ち物

※新型コロナウイルス感染対策のため、マスクをご持参いただきますようお願いいたします。
※実技講義時、椅子はご準備しておりませんので、必要であればご準備ください(スペース上、簡易的なものに限ります)。
※工具、車椅子は事前送付が可能です。開催案内の事前送付先及び着日指定をご確認のうえ、お送りください。

工具等詳細

必須工具

プラスドライバー

#2/#3 各1本
※マイナスドライバーはお持ちであればご持参ください(リムフラップの取り外しに使用できます)。

スパナ

8mm/10mm/13mm 各2本
9mm/19mm 各1本
※メガネレンチでも可。ただし2本必要なものは必ず1本通常のスパナをご持参ください。
※13mmは18cm程度、19mmは25cm程度の長さのものを推奨いたします。

薄口スパナ

19mm/21mm 各1本
※19×21mmを1本でも可。
※通常のスパナとは別にお持ちください。
※水栓スパナ(蟹のハサミに似たスパナ)は作業に適しません。

六角レンチ

3mm/4mm/5mm 各1本
※ボールポイント付で長さのあるものを推奨いたします。

金属ハンマー

1本
※片側が金属であれば問題ありませんが、両側プラスチックハンマーは不可です。

ラジオペンチ

1本
※より細かい作業が可能なラジオペンチを推奨いたします。

タイヤレバー

2本以上
※樹脂製のものを推奨いたします。

作業用手袋

1双
※作業工程上、軍手は使い難いためゴム製等を推奨いたします。作業全般で使用できますが、特に制動用ブレーキ調整時に便利です。
※新型コロナウイルス感染予防のため、必ずご持参ください。

あれば便利な工具(無くても受講及び受験可能)

インナーワイヤープライヤー

1本
※インナーワイヤーを傷めずに制動用ブレーキの調整が可能な工具です。
※ホームセンター等で必ず取り扱っている商品ではありませんので、参加申込時や講座当日に購入することもできます。

ボックスドライバー

10mm 1本
※制動用ブレーキ調整等で使用すると便利ですが、機種によっては使い難い場合もございます。
※トルクが掛け難いため、スパナとの併用が必要です。

エアゲージ付空気入れ

1本
※高圧(800kPa程度)用を推奨いたします。
※無料でお貸しできますが、数に限りがございます。試験等で順番待ちになる可能性がありますので、お持ちであればご持参ください。

ニッパー

1本
※ワイヤーの固定に結束バンドを使用している機種に限り、結束バンドを切るために使用します。
※カッターでも構いません。

注意事項

※スパナ、六角レンチにつきましては、必ずミリ表示のものをご用意ください。
※工具による作業の差を無くすため、ラチェット機構付工具、電動工具、モンキーレンチにつきましては、本講義中並びに試験中は使用することができませんのでご了承ください。
※必要な工具は事前購入が可能です。推奨工具購入フォームからお申し込みください。
試験時の工具の貸し借りは出来ません。必要な工具のいずれかをお忘れの場合、試験を受けることが出来なくなりますので、必ずご確認ください。

持参車椅子詳細

車椅子をご持参いただく場合、以下の条件を満たしているかを事前に必ず確認してください。

※講座中にこちらで用意している部品にて交換をした場合、別途費用が掛かる場合がございます。可能な限り、消耗品等は新しいものに交換をしたうえで、ご持参ください。

※実技試験終了後は、特別な事情を除き、試験開始前に近い状態に戻してお返しいたします。ご自身でも点検したうえでご使用ください。

指定機種

基本的には指定機種をご用意ください。指定機種であっても、パーツ交換によって講座に適していない可能性(ノーパンクタイヤに変更されている、チューブにパンク防止剤が入っている等)もございますので、必ず確認のうえ、ご持参ください。

また、作業の効率化の為、限りなく新品に近い物をご用意ください。

  • KA-202SB(カワムラサイクル製)
  • KF22-40SB(カワムラサイクル製)
  • NC-1CB(日進医療器製)
  • AR201B(松永製作所製)
  • MYU-226JD(ミキ製)

その他の機種

もし、指定機種がご用意いただけない場合でも、下記条件を満たしている自走用標準形車椅子(制動用ブレーキ付、エアタイヤのもの)であれば、受講できる場合がありますので、必ずご自身でご確認のうえ、機種名等をご連絡ください。

条件をクリアしていない場合、講座及び試験を受けられません(レンタル車椅子の台数に余裕がある場合のみ、有償レンタルで対応させていただきます)。必ずご連絡にて確認いただいたうえでご持参ください。

  • 自走用標準形車椅子であること(制動用ブレーキ、ハンドリムがついていること)
  • 駆動輪がタイヤ径22インチのエアタイヤであること(チューブにパンク防止剤が入っていないことを必ず確認したうえでご持参ください)
  • 制動用ブレーキ・駐車用ブレーキが連動していないこと(グリップにあるブレーキレバーを握ると、駐車用ブレーキが作動するものでないこと)
  • 制動用ブレーキの調整がワイヤステーで行えること(ネクストコアシリーズ等は対象外です)
  • キャスタ本体が薄口スパナ(19mm or 21mm)を使用して、本体から取り外し出来ること
  • ティルトリクライニング等の特別な機構が付いていないこと(アームサポート高さ調整機構付、フットサポート着脱式は問題ございません)
  • 古すぎないこと(初期出荷より10年以上経過しているものは基本ご遠慮ください。古いものについては、念のためタイヤ・チューブ、キャスタハウジング内のゴム、ねじ等を確認し、必要であれば部品を交換したうえでご持参ください)

プラス講習

※2020年度は新型コロナウイルスの感染対策として、60名規模の開催を実施しないため、プラス講習は実施いたしません。

「車いす安全整備士を取りたいけど整備なんてやったことがない」

「事前に練習したいけど車椅子なんて持ってないし合格できるか不安」

このような方のために、60名規模での当講座開催前日(神戸土日開催時のみ)に、実技講義を予習できるプラス講習を実施しております。

この講習では、車いす安全整備士養成講座の実技講義と同じ内容を予習し、翌日の車いす安全整備士養成講座に臨みやすい体制作りを目標としております。
また、本講座とは異なり細かい時間設定は設けておりません。あくまでも各受講者のペースに合わせた運営を行っていきますので、時間については随時その場で調整をいたします。

もちろん、「今後受講する予定」の方や、「以前受講したけど、復習したい」「実技再試験前の復習」という方々も大歓迎です。講師は翌日の車いす安全整備士養成講座の講師でもあるスタッフが行います。

皆様の不安を安心に変えるため、この「プラス講習」の受講をお勧めいたします。

開催詳細

日時

車いす安全整備士養成講座(60名規模開催)の前日(神戸・土日開催のみ)
10:00~終了まで(19:00頃を予定)

会場

一般社団法人日本福祉用具評価センター 2階研修室

持物

工具(車いす安全整備士養成講座に基づく)

受講料

10,000円(プラス講習のみ受講の場合は15,000円)

定員

12名(先着順)

締切

車いす安全整備士養成講座に基づく

申込

車いす安全整備士養成講座の申込フォームにてプラス講習受講の「参加する」を選択してください。
※2020年度は新型コロナウイルスの感染対策として、60名規模の開催を実施しないため、プラス講習は実施いたしません。

注意事項

締切日

申込期日:開催日の30日前
振込期日:開催日の14日前

振込期日を過ぎてもご入金がない場合、キャンセルとなりますのでご注意ください。ご入金の確認が出来次第、受講票等を郵送いたします。

なお入金後のキャンセルにつきましては「キャンセル規定」をご確認ください。

キャンセル規定

原則として代替者による受講をお願いしております。
代わりの受講者がいない場合につきましては、以下よりお選びください。

  • 全額お預かりしたまま(キャンセル料が発生している場合はその差額分)、次回以降(1年以内)に受講
  • キャンセル料及び振込手数料を差し引いた金額をご返金(テキスト代8,000円分の受講料割引券をお送りいたします)

※その他、申し込み内容の一部キャンセルにつきましては、開催日8日前の12時までにご連絡ください。

※宿泊のキャンセルにつきましては、宿泊先のキャンセル規定に基づき、キャンセルが可能であった場合のみ、返金いたします。

キャンセル料

ご入金後の返金時にかかるキャンセル料は以下のとおりです。

  • 開催日8日前の12時まで:8,000円
  • 開催日8日前12時から2日前の12時まで:ご入金額の50%
  • 開催日2日前の12時から:ご入金額の100%

※キャンセルによるテキストの返品はお受けできません。テキストが「知的所有権」の産物であることが返品不可の理由です。しかし、以降の受講いただく際にご使用いただける、テキスト分無料チケットをお送りしますので、こちらを申込フォームに添付してください。

※DVD、インナーワイヤープライヤーは未開封品に限り、返品による返金をいたします。なお受講キャンセルに伴う返金のため事前購入価格ではなく通常価格での取り扱いとなり、請求書に記載された値引き額以下での返金となります。ご了承ください。

開催の中止・延期

天災などで開催が出来ない場合、又は申込期日までに参加希望者が規定数(大規模開催:30名、小規模開催6名)に満たなかった場合は、誠に勝手ではございますが開催を中止させていただく可能性がございます。

当方都合による開催の中止や延期になった場合は、返金を希望された方への振込手数料は当方で負担いたします。

申し込み

講座申込ページに申込フォームへのリンクがあります。

講座申込ページはこちら

養成講座のあゆみ(年間開催報告)

年度ごとに、開催報告書を作成しております。(※2010~2012年度第1回~第11回分は作成しておりません。)

車いす安全整備士実行委員会

実行委員

株式会社カワムラサイクル
ニック株式会社
日進医療器株式会社
株式会社松永製作所
株式会社ミキ
ラックヘルスケア株式会社
川村義肢株式会社

推進主体(車いす安全整備士養成講座運営事務局)

一般社団法人日本福祉用具評価センター(JASPEC)

推進団体

一般社団法人日本福祉用具・生活支援用具協会(JASPA)
一般社団法人日本車椅子シーティング協会(JAWS)
公益財団法人テクノエイド協会

後援団体

一般社団法人日本福祉用具供給協会
一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会
一般財団法人啓成会

協力団体

一般社団法人車椅子生活安全協会