車いす安全整備士養成講座

図9

続きを読む

整備と改造の違い

図10

続きを読む

車いす安全整備士の会

図11

続きを読む

感染対策について

スライド1

続きを読む

車いす安全整備士養成講座専用ウェブサイト開設

市場で継続使用されている車椅子の劣化状態や、不適切な整備後の機体が多いことによる問題点を鑑み、利用者の安全に対しての危惧を払拭すべく、国内車椅子流通主要メーカーや取扱い企業などが集まり、解決策を検討するために発足した委員会(現、車いす安全整備士実行委員会)は、「 車いす安全整備士養成講座」を創設しました。本講座の2019年度末時点での開催実績は56回を数え、2020年度には講座開設10周年を迎えることとなりました。また、本講座の受講及び認定審査を経て、車いす安全整備士実行委員会で認定を受けた「車いす安全整備士」有資格者数は、2019年度末時点で2000名に届く規模になっております。

車いす安全整備士実行委員会では、当講座開設実施以来、当資格の認知度拡大と、当資格取得者に対する講座内容の更新情報の提供や、新しい車椅子の構造や機構による手順変更など、福祉用具が活用される社会と有資格者の皆様にとって、より有用な情報提供方法は何かと、議論を重ねて参りました。
その情報提供手法として、新たに「車いす安全整備士養成講座」単体のウェブサイトを設立し、当講座並びに当資格者の認知度を広げることを目的として発信していくことにいたしました。

さらに、有資格者の皆様への情報提供を目的とした、「車いす安全整備士の会」のウェブサイトを併設し、有資格者専用の知識や情報の更新を目的とした、情報提供に特化した内容を掲示していくことにいたしました。
それぞれの主旨に基づく情報発信を当ウェブサイトにおいて継続的に発信並びに更新し続けます。

この二つの目的について、広報を目的とした誰もが閲覧可能なコンテンツ部分は「車いす安全整備士養成講座ウェブサイト」にて、さらに有資格者で会登録者だけが閲覧可能な「車いす安全整備士の会」(会員用ページ)部分によって広報してまいります。

☆会員用コンテンツの概要はこちら

☆入会のお申し込みはこちら

※スマートフォン等のモバイル端末で閲覧いただいている場合は、画面左上に▢に三本横線が入ったマークが表示されているはずです。そちらをクリックすると、コンテンツ内容が表示されますので、ご確認ください。

News

MENU