車いす安全整備士協会を運営する一般社団法人日本福祉用具評価センターでは、車いす安全整備士養成講座だけではなく、他の福祉用具に関するセミナーも行っています。
その福祉用具が、どんな人に適しているのか適していないのかを、判断できるようになる内容です。

  • 6月:特殊寝台(介護用ベッド)、床ずれ防止用具、マットレス寝比べ体験
  • 8月:使用済み車椅子基本メンテナンス、車椅子機能選定、車椅子の人体とのフィッティング、車椅子構造の理解
  • 10月:移動機器関連(歩行器、杖、手すり、スロープ)、排泄用関連福祉用具、入浴関連福祉用具
  • 12月:住宅改修関連基礎知識、福祉用具と住宅改修を組み合わせた生活動線プランニング
  • 2月:営業に役立てるための福祉用具概論

上記内容を、6月は1日間、以降は2日間をかけて、じっくりと学んでいただきます。
車椅子が福祉用具である以上、他の福祉用具との連動を考えない生活プランニングはできません。
車椅子を利用している人への適切な情報を提供するためにも、是非ご参加ください。

さらに、年間定例以外でも、ご依頼いただければ出張講師も可能です。
車椅子のメンテナンス、ひやりはっと、福祉用具営業販促、営業人材育成など、福祉用具に関連する内容であれば、全て対応可能です。
テーマ・講義時間・開催地・聴講対象者などをメールでご連絡ください。ご相談させていただきます。

製造者の皆様から「自社製造物に関する評価」、利用者から「商品の評価」などについても、別途相談事業としてお受けいたしております。

年間定例セミナー申込や、お問い合わせは、一般社団法人日本福祉用具評価センターまでお願いします。

こちらのQRコードで、JASPECWEBサイトの該当ページへ

ほっとデスク事業に関する記事